コラム&レポート

【レポ】夏よ終わるな…SUMMER SONIC 2017 OSAKAに参戦してきました 前編・準備編

夏といえば野外音楽フェス。
8/19、20の二日間、舞洲SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド)にて行われました「SUMMER SONIC2017 OSAKA(以下サマソニ大阪)」に参戦してきました。

サマソニ初参戦!
今まで小~中規模のフェスに参加したことはありましたが、こうした超大型野外音楽フェスに参加したのはこれがはじめて。
過去のレポや対策などをしっかり読み込んだうえで、準備をいつものライブ以上にしっかりと、それでいて最低限の軽装で赴きました。
今回は初めてで色々と苦戦した準備編。イベントレポは次回更新させていただきます。

 

大阪マップ

サマソニ大阪の会場は音楽ステージが4つと、飲食屋台エリアがひとつの大まかに分けて5つのステージに分けられています。

2017タイムテーブル(8/20)

出演アーティストのタイムテーブルはこのような感じ。4つのステージが、それぞれ休憩をはさみながら順々に演奏が行われていきます。

参戦前にこのタイムテーブルとにらめっこしながら「この時間からはこのバンド…次はこのステージへ移動して…」と入念に計画を練ります。この時間がなかなか楽しい。

タイムテーブルに丸

タイムテーブルは直前に変更されることもあるので、公式サイトを適時チェックしておくのがポイントです!
(私は8月アタマ時点のタイムテーブルで計画を練っていたので、SONIC STAGEのアタマにDAOKOが出演決定したことを当日知りました。反省)

持ち物は身体に密着して両手が開くショルダーバッグを選びました。
ステージ後方でゆったり見るのならリュックやトートバッグでもいいかもしれませんが、前列で楽しむ場合はまわりの邪魔になりますからショルダーが無難でしょう。

ショルダーバッグにぶら下げられるスマホホルダーを付けたのですが、これは失敗。前列でジャンプするたびにぶらぶらして体にガンガン当たって気が散ります。
もし途中でちぎれたら、もっと悲惨なことになっていたかも…。
フェスイベントではカバンにアクセサリーをつけたりせず、カバンの中に納めておくのが無難です。

服装は帽子に半袖半パン・首にはマフラータオルといういかにもフェス参戦ないで立ち。
屋外ステージをメインに回る場合は、首と耳元をしっかりガードしておいたほうが良いですね。

出典:公式HP 

当日まわりを見回すと、やはり半袖半パンの方が多め。なかには上半身裸の男性や水着のように薄着な女性といった猛者も。
長袖長ズボンという方もいらっしゃいましたね。直射日光を避けられてむしろいいのかも。

さて中編・当日編へつづきます。

うよすけ

投稿者の記事一覧

根っからの大阪住み。
営業、事務・経理、マーケティング職などを経て梅田タウンのライターに。
大阪市内のラーメン・大衆食堂によく出没する。

関連記事

  1. 【レポ】ハービスPLAZAにて開催中!buggy Art Exh…
  2. 【7/7】大川に広がる願いを込めた天の川、今年も開催 ̵…
  3. ドイツ・クリスマスマーケット大阪2017入り口 【レポ】ドイツ・クリスマスマーケット大阪2017におじゃましてき…
  4. 【レポ】阪急うめだ本店ワンフロアを占めるビッグイベント!「バレン…
  5. 【レポ】4/11~5/14まで。貴重な資料多数展示「ウォルト・デ…
  6. 【レポ】夏よ終わるな…SUMMER SONIC 2017 OSA…
  7. 【レポ】星愛(ほしあい)七夕まつりいってきましたよ(昼だけど)
  8. 【レポ】HANSHIN女性応援プロジェクトプレゼンツ「気軽に体験…
  1. クーポンチャンス

特集

6月1日(金)阪神梅田本店に『スナックパーク』復活!3年ぶり、早い、安い、うまい!立ち食い&立ち呑みの食の聖地 【UMEDA FOOD HALL】阪急三番街に大型フードコートがニューオープン!特集④「スタミナフードゾーン」編
  1. ミス沖縄2018コバルトブルー
PAGE TOP