ニューオープン店舗

12/14 北新地に長崎県対馬産の穴子・クエなど新鮮魚介がいただける料理店「しろや」がオープン。やはり、のど黒は最高ですわ!

12月14日(木)、北新地に対馬の希少な高級魚を産地直送で提供する会席料理店「長崎県対馬市美津島町 しろや 北新地」がニューオープンします。

「しろや」とは?

2017年10月に東京・新宿にオープンした、長崎県対馬産のクエ・のど黒・穴子といった白身魚全般を取り扱う海鮮料理店。
心斎橋の穴子専門店「穴子や」も同系列の店舗です。

穴子といえば東京のイメージがありますが、心斎橋でも国籍を問わずさまざまな人に愛されています。

しろやの魚は対馬の港で漁師から”先取り買付”

しろやさん、穴子やさんでは、対馬産の新鮮で良質な魚を現地の漁師から直接買い付け・店舗に直送しています。

希少性の高い高級魚のほとんどが、直送で築地市場に送られていきます。そのため市場に出回ることはまずないのだとか。
その前に対馬の港で漁師から直接、先取り・最高値で買付するのです。
これを”先取り高値買い“といいます。

最高値で先取りをすることで、高級かつ高品質の魚を買い付けることができます。
対馬現地の水産加工会社(対馬水産=グループ会社)だからこそできる特別な仕入れルートなのです。

白木を使った温かみのある明るい店内

カウンター席のほか、4名掛け・2名掛けのテーブルがございます。

職人さんの手際のよい仕上げを見られるカウンター席。ゆったりくつろげそうです。

対馬産の希少な魚をたっぷり使ったしろやの会席メニュー

まずは魚料理と非常によく合う日本酒。
おすすめの純米大吟醸「獺祭(だっさい)」をいただきました。上品な香りとフルーティな味わい。

 

先付 穴子の骨煎餅

ぴよーんと伸びた、見た目にインパクト大なパリパリ骨せんべい。
ジュワっとほどよく油がまわる感じ、日本酒に非常によく合います。

本日の先付

新鮮さが命の白えびのユッケ。お好みで海苔を巻いて。
やわらか・プリプリ!
とろけるユッケにピリリときいたわさびがアクセント。

前菜 季節の三種盛り合わせ

あっさりとしたお上品な味わい。
山椒がプチっとしたぶりの山椒焼き、ふんわりミルキーな白子、一足早く正月気分の優しい数の子
どの味もたまりません。

食材と調理法のクオリティの高さに、前菜でもうすでに脱帽しかけてしまいました。
コースはまだまだ始まったばかりです。

御椀 蓮根饅頭

御椀を開けますと、だしの風味香るあんかけにひたされた蓮根饅頭。
もちっ、シャキッと食感。中には細かい煮穴子が。
穴子のうまみがたっぷり詰まった、ザ・料亭のお味。あったか、ほっこり。

造り 刺身三種盛り合わせ

穴子、いしだい、ぶりの三種のお刺身。
穴子のお刺身とは珍しいですね。

穴子は普通に仕入れたものですと鮮度が落ち、臭みが強くなるので、刺身にはなかなかできません。
特別ルートで直接買い付けるしろやさんの穴子は、新鮮だからこそ臭みを感じずフレッシュな味わい。
これはほんとに穴子なのか?とつい疑ってかかってしまうほど。

ポン酢をつけてあっさりといただくのがおすすめです。

中皿 甘鯛のムニエル

対馬でとれた金目鯛桧扇貝(ひおうぎがい。ひより貝とも)をぜいたくに使ったムニエル。
バターソースがよく合います。

ズッキーニやきのこ…付け合わせがみずみずしくジューシー。
付け合わせにも力が入っています。

焼物 伝助穴子の岩塩焼き

対馬の西沖で一尾一尾かご捕りされる穴子は、他地域で捕れるものよりも特に脂がのってお腹が黄色いことから「金穴子」と呼ばれています。
その金穴子の中でも数パーセントしか取れない希少なものがこの「伝助穴子」です。
(伝助穴子とは「大きい穴子」の意)

大ぶりの伝助穴子。
すでに焼けたものを提供されます。

この白焼きを、ヒマラヤ産岩塩の板の上に置いて好みの具合に焼きます。

岩塩の板に乗せ、じんわり温めて。板の上でかるくこすれば塩味がしっかりついてこれまた美味

煙が出ないから匂いもつかない、塩味もついて、味も雰囲気も最高ですわ。

飲みの席では、話が盛り上がると料理が冷えて味が落ちていくというのはよくあることです。
これならいつでもあったか、おいしい穴子をいただくことができますね。

そのままでも、わさび醤油でも、塩でもレモンでも。どれでも美味しいです。

揚物 天ぷら盛り合わせ

揚がったものから順番に提供くださいます。

車エビとおかしらの天ぷら。
衣サクサク・肉プリプリ!
揚げたてサックリ、いくらでも食べられそうです。

穴子ももちろん天ぷらで。
冬の旬野菜を使った天ぷらの付け合わせにも妥協はありません。

食事 のど黒めし茶漬け

シメに運ばれてきたのは、対馬産のど黒の釜めし。

のど黒、正式名称は「赤むつ」。対馬の一部では「紅瞳」とも呼ばれるブランド魚です。
日本一おいしい魚“、”白身魚のトロ“などと評されています。

そののど黒めしをまずは一口味見。

釜いっぱいにご飯を詰めすぎないのがポイントなのだそう

旨みがすンごい…!
釜の中でミディアムレアに蒸し&表面を軽く炙られたのど黒は、やわらかさと独自の旨みをもっています。
脂の乗り具合と対馬の塩がよく合っています。

このまま全部食べちゃいたいなあ…という欲をグッとおさえます。

半分ほどいただいたところで、だしを投入。
4時間かけて仕込む秘伝のだし、中身は門外不出。のど黒のアラが入っているとか…?

釜に直接だしをかけていただきます

ジュワ~ッと広がる音と画がたいへんフォトジェニック。おこげまでいっしょにいただけます。

わさびとのりをお好みでつけて一口…

…ええと、私たちはいったい何を食べに来たんでしたっけ…
たしか、穴子をメインに対馬産の魚介をたっぷり使った会席コースだったはず。

今までの料理も最高でしたわ。

なのになぜだろう。
この「のど黒めし茶漬け」を一口賞味した瞬間、今までいただいた穴子やほかの魚たちの感動がすべて吹っ飛んでいきました。

だしだけではいけないし、のど黒めしだけでもこのコクのある旨みは出ない。
だしとのど黒めし、一緒にいただくからこそのグッドハーモニーが口の中に広がっていきます。

そう、このシメののど黒に全部持ってかれた!

もうちょっと食べたい…と思える絶妙な分量。これなら5杯はイケそうです。

ああ、幸せ…

こちらののど黒めし茶漬け、単品での注文も可能です。
ランチでもいただくことができますよ。
※だしの仕込みに時間をいただくので、1時間前までに電話予約ください。

水物 季節のフルーツ(ほうじ茶アイス)

ほうじ茶葉入りのアイス。ほんのりお茶の香りも感じられます。
身体によさそうなコースのシメです。

 

 

北新地に新しく登場、長崎県対馬産にこだわった高級白身魚の創作料理店。
しろや名物「のど黒めし茶漬け」は北新地にムーブメントを起こせること間違いナシでしょう。

ランチ営業では、オトクな価格で穴子料理をいただくこともできます。
上司や同僚に案内すれば「こんなとこ知ってはるの?センスあるね!」と一目置かれることでしょう。

長崎県対馬市美津島町 しろや 北新地

住所:大阪市北区曾根崎新地1-5-32 ボネールビルB1F
JR東西線 北新地駅より徒歩3分
京阪中之島線 大江橋駅より徒歩6分
営業時間:ランチ/11:00~14:30
ディナー/17:00~22:30
定休日:不定休
電話番号:06-6459-7406

カード:可

公式サイトicon-external-link

情報は2017年12月15時点のものです。公開以降に変更されている可能性がございますのであらかじめご了承ください。

あまやん

投稿者の記事一覧

大阪生まれ・兵庫育ち・紆余曲折あってまた大阪市内に戻ってくる。
チーズのあるお店に目がないという。

関連記事

  1. 【5/19〜6/24】京阪中之島各駅でアートイベントを開催。中央…
  2. スイーツだけじゃない!パスタもカレーも、どれもこれも食べ放題 &…
  3. 淀屋橋駅直結!味よし・アクセスよし、魅惑のランチカレープレート …
  4. 【レポ】阪神梅田本店 建て替え第一期棟がオープン!新しくなった建…
  5. パフェ 高級フルーツがおしげもなく使われたスペシャルなパフェ マルトメ・…
  6. アジアン好き・パクチスト必見。北浜でタイ・ラオス料理を楽しめるお…
  7. ワイワイ食べて飲み比べ、気分はビアガーデン – 世界…
  8. ホワイティうめだの「メアリルボーン 梅田店」4/15(日)閉店
  1. meat camp
  2. 天神祭-みこし
  3. どのクッキーも美味

特集

6月1日(金)阪神梅田本店に『スナックパーク』復活!3年ぶり、早い、安い、うまい!立ち食い&立ち呑みの食の聖地 【UMEDA FOOD HALL】阪急三番街に大型フードコートがニューオープン!特集④「スタミナフードゾーン」編
  1. ミス沖縄2018コバルトブルー
  1. 丼単品
  2. スタンドコロッケ
  3. テキサスバーベキュー料理とオリジナルクラフトビール
PAGE TOP